スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

仕事がある喜びと幸せ

2015.03.23(01:02)

「今年に入ってからかなり仕事が減って暇になってきた。なので以前に請負っていた仕事をもう一度やらせてもらえないか?と電話してみたら快くOKをもらえた。それどころか僕が復帰するのを大歓迎して下さった。有難い事だ。感謝です。久しぶりに頑張ろうという気になれた。」とツイートしたのが3月11日。

2012年まで10年間させていただいた仕事。当時色々あって僕がもう無理!となった。少し詳しく書くとちょうど個人情報保護法などの関係で色々指示が細かくなって僕が(その流れに)ついていけなくなったというのが大きかった。それから3年まあまあ順調にきてた仕事も昨年後半から少し下降気味になりどうしようかと迷いながらお願いしてみた。僕の中で「何を今さら」と、自分自身に叱責す気持ちがあった。虫が良すぎるのではないか?と。そんな迷いの中電話して、喜んで頂いて、そして実際に稼働しだして1週間がたった。

 仕事が頂ける事がこんなに有難いとは。そして、過去10年もやっただけあって自分に向いている事もわかる。過去、自動車整備工に着いた時、天職だと思った。自分の好きな仕事をやれる。「こんなに嬉しい事はない」と。そして土方になってまた、天職だと思った。お金を貰って体を動かせてメシが美味しくて健康的で。今大好きなパソコンの仕事をしながら天職だと思う。どれも本当の気持ちである。中3の終わりからバイトを始めて特に若い頃は本当に働くのが好きだった。そういえばレストランや喫茶店でウェイターや皿洗いをする事も大好きだった。
単純に働く事が好きなのか?そうでもない。流作業の工場は3日でやめた事もある(笑)

 やはり向き不向きもある。そんな中で天職と思える仕事にこれほど出会える事の喜び。そしてこの半年仕事の無い日も多く、本当に仕事がある事の喜びに幸せを感じる。この2年間で学んだ事。それは「今ある幸せ」に感謝する事。いくらでもある。目が見える、耳が聞こえる、蛇口から水が出る、屋根がある、メシが食える。それが当たり前の事でなく、本当に有難い事なんだと。

 3年前、その事をすっかり見失った僕は感謝する事を見失った。結果、うまくいかなくて困った事になる。必然である。2度と忘れない為にここに記す。

 今回、仕事を頂けてて本当に感謝しています。ありがとうございます。
 2015年3月23日 もじゃ

 
関連記事
スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://moja26.blog63.fc2.com/tb.php/299-0a717841
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。