スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

アメリカ事故調査委員会の文書公開

2012.02.23(11:27)

RT @tanabeikkyuu:
昨夜のNHKニュースウォッチ9、アメリカ事故調査委員会の文書公開をニュースで伝える。
米国側の3・11直後からのフクシマ暴走に関する認識と枝野官房長官の当時の会見の
言葉の内容の「落差」を浮き彫りに。

2カ月後になってメルトダウンを認めた日本と
当初からメルトダウンに言及していた米国。

「安全神話」の日本で「メルトダウン」はあってはならない、
という幻想が多くの国民を放射性物質襲来の現実にさらした格好…。
それにしても、こうした事故検証のための資料が何千枚と残る米国と
一枚も残っていない日本の違いはどこから来るのか?
「正義」に背を向けた面々は”証拠”を残さない?

公式携帯サイト「田辺一球広島魂」のニュース項目アーカイブス。
2011年3月11日19時49分アップ記事は次のとおり。
「自衛隊、警察、消防…。日本国最大の持ちうる機能を投下、と官房長官。
日本の力量が試されている」

同じく2011年3月12日17時35分アップ記事は次の通り。
「福島第1原発、1号機は建物の天井崩落の報道。
さらに1号機の建物が骨組みになったとの情報も。
大気中に多量の放射能が飛び散った可能性が出ていた。
炉心融解、メルトダウンか?」


この記事には全国から「危機を無用に煽るな」のクレームが…、
既存のメディア報道を頼りに判断したからか?
あるいは「神話」を信じていたからか、それとも単なる勉強不足?
当時の数少ない情報を元に自ら事態を把握する…。
国家は助けてくれない。ikkyuu-t.info/i/

田辺一球さんの、ツイートより。
田辺一球・広島魂

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://moja26.blog63.fc2.com/tb.php/249-c5f92f17
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。