スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「衣笠祥雄は、なぜ監督になれないのか?」堀治喜 文工舎新書

2011.01.13(23:11)

やっと届いた

「衣笠祥雄は、なぜ監督になれないのか?」
堀治喜 文工舎新書

画像 004


年末から「田辺一球広島魂」の「コイの季節をあなたにも」の中で
ひそかに話題になっていた。

いつ買おうか迷っていたが1月5日にAmazonで注文して
今日、届いた

注文した時は特に気にしてみなかったが
在庫がなかったのか?1週間もすぎて届いた

そんなことはさておき
まだ、プロローグしか読んでないが
目次だけ見てもかなりそそられる

そしてプロローグだけみても
僕らは普段カープを中心で考えるから
さほど気にせんかったが
確かに、他球団でも、江川卓、中畑清、掛布彰布、矢沢健一
平松正二、長池徳二、福本豊

監督になってしかるべし方が
まだ監督になってない例がたくさんある。

そして、プロローグの終わりのほうに

「2007年にカープ球団のいう「熱意」と、
選手やファンが求める「対応」とのギャップがあきらかになりました。
「優勝をねらえるチームになってほしい」と本気で願う選手やファンと
小手先の補強でお茶をにごしてきた球団との埋めがたい溝を
ファンはいやというほど痛感させられることになったのでした。」

と書いてある。
なるほど、ここ数年、カープファンが3人寄れば
必ずそのことで論争が起きる
だが必ずそれはただの論争で終わる
いくらファンが論争しても、結論はでない。
球団のみぞ、いやもしかしたら元さん(カープオーナー)のみぞ知る
ことかもしれない。

しかしこの本には、そこの所をかなり掘り下げて書いてある、らしい。

ま、2時間もかからず読めそーなので
今から読むとして僕が酔いつぶれるのが先か
本を読み終わるのが先かといった所だ

感想はまた後日

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村









関連記事
スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://moja26.blog63.fc2.com/tb.php/148-c79019c8
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。